さぽろぐ

  ペット  |

新規登録ログインヘルプ


2013年07月20日

こぼれ種




                            去年育てたヒマワリ、その種を鳥が種を食べていたのですが、土に落ちたものが育ちました。
                            エンドウと太陽を求めて競走中。



                            こちらは大根葉が育って花を咲かせました。こちらもエンドウと競走中。






                             砂利の間にこぼしてまったコマツナの種、大きく育たないけれど、花が咲いた。コマツナ生命力強し。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日々雑感)の記事画像
反射
元は阿寒湖の水
阿寒湖の熱と冷
半半
遡上
シマリス
同じカテゴリー(日々雑感)の記事
 反射 (2018-01-17 21:55)
 元は阿寒湖の水 (2018-01-15 19:36)
 阿寒湖の熱と冷 (2018-01-15 19:32)
 半半 (2017-07-17 09:59)
 遡上 (2017-07-16 21:34)
 シマリス (2017-05-21 13:03)
Posted by びっぐば~ど at 17:28│Comments(2)日々雑感
この記事へのコメント
びっぐば~どさん、こんばんは。

植物が育つ姿を見ると、生命力を感じますね。
こぼれ種…植えていないのに育つのは、自然の力なのでしょうか。
ひまわりの花は、北竜町が有名ですね。

拙宅の庭には、何も植えてませんので、雑草と格闘中です(笑)。
Posted by ぴちょん at 2013年07月21日 19:49
ぴちょんさんへ
北竜町のヒマワリは見たことがないです。きっときれいなんでしょうね。
以前、阿寒でもたくさん植えていましたね。
山形ではヒマワリの迷路がありましたが、30度以上の暑さの中で出口を探すのはサバイバルかと思いました(笑)

雑草ってすごいですよね、どこからともなく種が飛んできて、しっかり根付いていきます。
スギノコや笹なんて、どこまで根が張っているのか、トホホな感じです。
Posted by びっぐば~ど at 2013年07月21日 22:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
こぼれ種
    コメント(2)